管理画面

迷惑メール対策について(SPAMフィルタ)

メールサーバー側で迷惑メールの判定をします。
迷惑メールと判定されたメールはメールヘッダーにあるX-Spam-Flagが「YES」のフラグとなり、あわせてメール件名の先頭に「****SPAM****」と挿入されますので、各メールソフトの振り分け機能を利用し、****SPAM**** と付いたメールを スパム用のフォルダに振り分けされるようにすると便利です。

スパム判定されたメールの中には迷惑メールでないものも含まれることがありますので、削除する際は必ずご自分で確認してから最終削除するようお願いいたします。


スパム判定はあくまでもシステムによってされていますので、迷惑メールではないメールも迷惑メールとされている場合があります。

また逆に迷惑メールなのにスパム判定されないメールもあります。

このような場合は下記の管理画面より迷惑メールの登録や解除ができます。

◎独自ドメインサーバーをご利用の方
管理画面:https://secure.tonio.or.jp/orig/menu/spam.cgi
※メールアカウント、パスワードを入力してください。

◎toyama-smenetのメールをご利用の方
管理画面:https://secure.tonio.or.jp/sme-net/menu/spam.cgi
※メールアカウント、パスワードを入力してください。

[STEP 1] 迷惑メールを保存します
OutlookExpressの場合
迷惑メールをマウスで選択します。
ファイル(F)→名前をつけて保存(A)で対象のメールを保存します。

Thunderbirdの場合
報告したいメールをマウスで右クリックします。
メッセージの保存(S)で対象のメールを保存します。

その他のメールソフトをご利用の場合
対象のメールをファイルに保存します。


[STEP 2] 迷惑メールを登録する
「迷惑メールです」にチェックを入れます。
WS000003.jpg


「ファイルを指定してください」の横にある参照ボタンで、保存したメール(~.eml)を指定します。
WS000002.jpg


登録ボタンをクリックする
WS000005.jpg


以上で登録されました。

管理画面:https://secure.tonio.or.jp/orig/menu/spam.cgi
※メールアカウント、パスワードを入力してください。


【参考】間違って迷惑メールとして登録してしまった場合
解除する場合は、「このメールを削除しますか?」項目にチェックを入れます。
WS000006.jpg

[STEP2]同様に「ファイルを指定してください」の横にある参照ボタンで、保存したメールを指定し、登録ボタンをクリックします。

【参考】迷惑メールではないメールが迷惑メールと誤判断された場合
「迷惑メールではありません」にチェックを入れます。
WS000007.jpg

[STEP2]同様に「ファイルを指定してください」の横にある参照ボタンで、保存したメールを指定し、登録ボタンをクリックします。

管理画面:https://secure.tonio.or.jp/orig/menu/spam.cgi
※メールアカウント、パスワードを入力してください。