ホームページ

セキュアサーバ使用について(SSLサーバ)

ホームページ上で住所や電話番号などの個人情報を記入させたい場合に、オーダーの内容を暗号化することができます。この機能を利用したページにアクセスした時には、ブラウザ上に安全な接続を示す「カギの絵」が表示されます。


【セキュアサーバ利用申請】

[STEP 1] セキュアサーバの設定作業をしますので、ご連絡ください。
address.gifまでご連絡ください。


[STEP 2] セキュアサーバの利用について
【利用できるURLについて】
URLは、https://secure.tonio.or.jp/orig/<ドメイン名> となります。

 ※<ドメイン名> は申し込んだドメインから、「co.jp」や「.com」を取り除いたドメインとなります。
 例:www.toyama-smenet.or.jp を割り当てた場合は、URLは次の通りとなります。
   https://secure.tonio.or.jp/orig/toyama-smenet/

  ※注意:SSLサーバ証明書はsecure.tonio.or.jpサーバに割り当ててあります。
  オリジナルドメインごとではありませんので、ご注意ください。


【コンテンツアップロード場所】
stop というフォルダにコンテンツをアップロードします。
従来のホームページ用のコンテンツとは違うフォルダにアップロードしますので注意してください。

【ログファイル及びアクセス集計】
ログ… 当月分(/log/ssl-access_log)と、圧縮済みの前月分(/log/ssl-access_log.old.gz) が取得可能です。
アクセス集計 … Analogによるアクセス集計は、従来のログと合算されて集計されます。


【CGIの使用について】
セキュアサーバでは、従来のサーバと同様にサーバ提供CGIのメールフォームとカウンタが使用出来ます。独自に設置して頂くCGIについては、従来のサーバと同じ作業で使用出来ます。(※stopフォルダ内の拡張子がcgiとなっているファイルかつ実行属性が付いているもの)

メールフォームの設置方法について
メールフォームを利用する際のURL: https://secure.tonio.or.jp/cgi-bin/mailform2.cgi

カウンターの設置について
カウンターを利用する際のURL: https://secure.tonio.or.jp/cgi-bin/npc.cgi

【ベリサインセキュアシールについて】
機構が提供するセキュアサーバでは日本ベリサインで認証されたSSLサーバ証明書を使用しています。日本ベリサインでは、SSL暗号化通信によって守られた安全なサイトであることを明らかにするマークとして「シール」機能を提供しておりますが、開設したサイトのページにこのシールを掲載することで「暗号化通信を行っているサイト」ということをエンドユーザにアピールすることが可能です。
このシールを掲載するには、下記のページから生成される JavaScript のソースを、シールを掲載したいページのソースに貼り付けて使用します。この際に入力するコモンネームは「secure.tonio.or.jp」を使用してください。デザイン・フラッシュの無有はページのデザインに合わせて選んで頂いて結構です。

外部リンク:https://www.verisign.co.jp/securesite/instructions_f.html

【ブラウザの警告が表示される場合】
セキュアサーバではアクセスするとブラウザーの警告が表示される場合があります。これは表示ページ中に、セキュアサーバのコンテンツと暗号化されていないコンテンツが混在する為に起きる現象です。読み込む画像のURLは、全て相対パスで記述するようにしてください。
例)セキュアサーバ内で独自ドメインの画像を表示しようとしたときに発生します。この場合は表示する画像をtopフォルダからstopフォルダ内へコピーし、画像を呼び出しているところのURLを相対パスで記述します。