メール

メールソフトの基本設定方法について

一般的なメールソフト Outlook Expressで基本的なメールの送受信ができるまでの設定方法をご紹介します。


[STEP 1] インターネットアカウントの追加

スタートメニューのプログラムから Outlook Express を起動します。
次にツールメニューからアカウントをクリックしてください。


メールタブに移動し、追加ボタンからメールを選択します。


インターネットウィザードが立ち上がりますので、ウィザードの指示に従い設定を行います。

表示名:電子メールを送る際の送信者の名前です。ここは任意設定です。


次に電子メールアドレスを設定します。

電子メール:ご契約頂いている電子メールアドレスを設定してください。

次に受信メールサーバー、送信メールサーバーの設定をします。

受信メールサーバーの種類:POP3
受信メールサーバー:www.○○○○○○(オリジナルドメイン)
送信メールサーバー:www.○○○○○○(オリジナルドメイン)
メール送信は、どこのインターネット接続プロパイダーからも行えますが、メールを正常に受信した後5分間だけ送信を行うことが出来ます。(POP before SMTP 方式)
また、常時接続環境などでは、メールを1分ごとに定期チェックするような設定にしておくと、特に意識して操作を変更することありません。

POP before SMTP が利用出来ないメールソフトをご利用の場合は、ご契約インターネット接続プロパイダーの送信サーバーを利用することも出来ます。その場合、送信メールサーバーの項目には、インターネット接続プロパイダーから指定された送信サーバー名をご記入ください。


次にアカウント名とパスワードを設定します。

アカウント名:ご契約頂いているメールアカウント名
パスワード:ご契約頂いているメールアカウントに対するパスワード


これで設定は完了です。


[STEP 2] メール送受信の確認
メールが実際に送受信できるかどうか、自分のアドレスにメールを出して確認します。
メールの作成ボタンを押して、送信者にご自分のメールアドレスを設定してください。
件名は任意ですが、ここでは”これはテストメールです。”としてあります。
本文も同様に任意ですが、ここでは件名と同じ内容にしてあります。

(1)送信ボタンを押してください。
(2)送受信ボタンを押してください。
自分に送信したメールが、受信することができれば設定は完了です。