ホームページ

FTP(ファイル転送)の仕方について

ホームページ更新作業で必要になるのが、FTPソフトです。
FTPとはファイル転送のことで、このFTPをするためのソフトの中には、フリーソフト(無料)もたくさんあります。ここでは、一般的なフリーソフト FFFTPでの手順を紹介します。


[STEP 1] 事前作業-FTPソフトの取得

事前作業としてFTPソフトが無い方はFTPソフトを入手します。
FTPのフリーソフト「FFFTP」の取得先アドレスは以下の通りです。

窓の杜:http://www.forest.impress.co.jp/
ベクター:http://www.vector.co.jp/


[STEP 2] ファイル名の確認
ホームページデータを作成したら、最初のページ(トップページ)のファイル名が「index.html」になっているか確認してください。なっていない場合は他ページとのリンク設定も併せて全て直してください。


[STEP 3] FTPソフトを設定してサーバにアクセスする
FTPソフトを設定して、オリジナルドメインサーバにアクセスします。

FFFTPを起動し、接続メニューの接続をクリックします。


ホスト一覧ボックスが出てきますので、新規ホストをクリックします。(本作業は初回のみです。)
以下の設定内容を設定をします。

【設定項目】
ホストの設定名:取得されたオリジナルドメインなど(この項目は任意設定可能です。)
ホスト名(アドレス):取得されたオリジナルドメイン
ユーザー名:それぞれのUser IDを入れてください。
Passward:それぞれのPasswardを入れてください。

その他、ホストの初期フォルダ、ローカルの初期フォルダ等の設定箇所があっても空欄にしておいてください。上記の設定を行い、接続ボタンを押すと、オリジナルドメインサーバに接続します。 接続設定は保存されますので 二回目以降はホスト一覧から選択し、接続をクリックします。

※接続ボタンを押しても接続できない場合は、接続ネットワーク内に複数台のサーバが存在する可能性があります。その場合、拡張タブにある「PASVモードを使う」にチェックしてください。


[STEP 4] ホームページデータをアップロードする
接続すると、オリジナルドメインのユーザーディレクトリへ入ります。ホームーページデータを格納するフォルダ「top」は作成してありますので、ここへデータをアップロードします。


topフォルダに移動して、ホストへ格納したいファイルを選択します。
(フォルダ単位でアップロードする場合は、フォルダを選択します。)


次にコマンドメニューのアップロードをクリックします。
これでホストへのデータ転送が行われます。


[STEP 5] ホームページを確認する
実際にデータがきちんとアップロードされたかを、ブラウザで確認します。
これで登録作業は全て終了です。